真の被災地復興を目指して

|被災地ネットワークPLUS設立目的

 

東日本大震災における被災者が集まり、県や市町村という枠を越え、被災地域に有する資源を有効活用することで産業再生・雇用創出を協働で行い、 自分たちの手で地域活性化に寄与することを目的に設立した団体であります。

「忘れないでほしい」「忘れないぞ」、これを合言葉に、震災の記憶が風化しない交流のメッセージとし、日本全国の方々の応援、 ご協力のもと、真の被災地復興を目指してまいりたいと思っております。

|法人概要

法人名 一般社団法人被災地ネットワークPLUS
定款 (PDFファイルで開きます)
http://hisaichi-net-plus.or.jp/gaiyo/teikan.pdf
所在地 〒986-0733 宮城県本吉郡南三陸町志津川字旭ヶ浦7-3
設立年月日 平成24年(2012年)11月15日
代表理事 河野和義(株式会社八木澤商店 代表取締役会長)
理事 村上富夫(村上製材所 代表取締役)
山内正文(株式会社ヤマウチ 代表取締役社長)
及川善祐(株式会社及善商店 代表取締役社長)